ふくちゃん ホ・オポノポノ

IT中堅社員卒業し自家焙煎カフェ開業準備中!平安来♪『ふくちゃん』
ふくちゃん@弱さ、女々しさ、それも私 ★ホ・オポノポノをみんなに感じてもらいたい 
ハワイ癒し「スピリチュアル」

ふくちゃん Since Jan. 1, 2006
カフェ

■キレイを伸ばすもの。

キレイを伸ばすもの

テレビを1年くらい見ていないので、これがCMでやっているのかわからないけど、最近、駅のポスターでよくコレを見る。

姿勢がいいよね。

いやらしい気持ちで見ているのではないよー。

なんか健康的でいいなぁ。。。って思うのよ。

ちょっと、お気に入りの女の子。


でも、33歳でこういうこと書くのって、危険っていうか、怪しいよねぇ、たぶん。


ほんとにいやらしい気持ちではないの。


姿勢がいい人って、やっぱり魅力的だなぁって思うの。


僕もこれから姿勢を気をつけよぉ。


ふくちゃん@この写真撮るの恥ずかしかったよ。
| 01:35 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■おっぱい星人

一昨日の金曜日の夜は、また翌日の朝まで呑んでしまった。

最近、僕の会社での読者が多くなってしまったので、
誰と呑んだかは、あえて書きません。

女性と二人で呑んだことだけ、言っておきましょう。

22時から5時まで7時間呑んだんだけど、感覚的には2〜3時間くらいであったかのように思える。

妙に楽しかった。

朝方には、声がかれるほどでしたので、たくさんお話をしたんだろうなぁ。

でも、ほとんど、仕事や会社のお話。

あ〜だ、こ〜だ、と、会社の話。

誰々がかわいいとか、誰々がかっこいいとか、

誰々に興味があるとか、中学生的なお話でしたが、

僕にとっては、女性の意見を聞けたので、面白かった。


最後の方には、「俺、おっぱい星人だからさ〜、誰々がいいなぁ〜」
とかって発言をしてました、僕。


これを読んでいるあなたへ。

僕は、おっぱい星人なんですぅ。

正統派おっぱい星人なんです。

大きくなくても、いいんですぅ。

乳首がつんと立ったのが、好きです。

大きさは、二の次です。

だからどうした? って言われそうですが、このブログは僕のブログなので、好き勝手書いちゃいますぅ。

といっても、飢えてませんから僕。

今は、仕事が大事なので、恋人探しは二の次です。

だた、目はそこを見ちゃいますよね。

ごめんなさい、僕、まだまだ男ですから。


ふくちゃん@今も、ちっと酔ってます
| 00:21 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■会話の意図

今日、久しぶりに女性の友達と二人で飲む。

半年ぶりくらいかな?

新宿3丁目、居酒屋。

イカの塩辛、えびシンジョウ、アボガドサラダ、手作り豆腐。

ビール、日本酒、日本酒。

ん〜、何時間いたんだろう。

3時間かな?

「ふくちゃんは、彼女ができたら、相手が喜ぶことをしてあげる人だよね」

僕:そうかも(心の中のうなづき))

「私は、彼に、ほっとかれた方が好き」

僕:なんで突然そんなこというの(心の中の思い)


今は、女性より仕事が好きなふくちゃんだけど、この会話の意図は何であったのかを考える就寝前。


ふくちゃん@最近、親友に子供ができた。僕はまだガキなのに。。。
| 01:15 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■もう一度言って?

中学生のようなブログを書きます。


今日、会社タバコ部屋で20代前半の女の子と二人で話してました。



僕:「今日は涼しいね。」

彼女:「そうですね。」

僕:「今まで暑かったよねぇ。」

彼女:「セイリの時って、夏はつらいんです。」

僕:無言(表情はビックリ!?)

僕:「え?!」

僕:「机を整理するの? もう一度言って?」

彼女:「セイリの時は、夏はつらいんです。」

僕:「セイリ? 生理ですか?」

彼女:「そうなんですよー。」


ボーダレスの時代、男女の境目も無くなったのだろうか?

突拍子もなくて、その話題につい、返答してしまった。

僕:「暑いうえに、湿ってるからねぇ。」


はい、つい、口が滑りました。

たぶん、彼女と論点が違います、僕。

中学生風のブログでしたが、やっぱりオジさんでした、僕。


彼女とは、他にもお話をしていましたが、最後にこんなことを言われました。


彼女:「○○さん(←僕の苗字)、またお話しましょうね!!」


僕:「・・・・・・・・・・・・・。」


僕は、相手の考えていることが、ちっともわかりません。

彼女は、何がしたいの?


ふくちゃん@と言いつつ、面白かった。
| 00:07 | ⇒comments(1) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■原田知世

僕らの世代にとっては、あこがれだった彼女。
僕より5歳年上だったんだねぇ。

今でもきれいだねぇ。

心に思いうかべると、切なくなる人っていないですか?

彼女(彼)のことを思うと、胸が苦しくなって、切ないの。

そんな人の一人が、原田知世さんかもしれません。

僕は、女性の少女性(←こんな言葉ないけど)が好きなんだ。

僕より年下でも、年上でも、ふと見せる少女のような眼差しが
好き。

言葉にはださないけど、男である僕を頼る、その瞳。(←妄想)

僕の会社でも、ドキッとするくらいの眼差しをした瞳の持ち主
がいる。

30代、40代、それ以上の年齢になっても少女の気持ちを持
ち続けている女性が好きだし、そのように持ち続けるように僕
が言葉と行為で磨いてもいきたいね。(一緒にね)

僕の気持ちを、「ロリコン」って言葉に当てはめないようにし
てくださいよー。

僕も純粋な気持ちで、言っているのだから...

ふくちゃん@原田知世さん、ご結婚おめでとうございます!
| 01:28 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■ふくちゃん!

僕はふくちゃんです。

はっきりは覚えてないけど、幼稚園くらいから「ふくちゃん」
って呼ばれてたかなぁ。

「ふくちゃん」

まぁ、聞き慣れてるといえば、ソウ言えるだろうねぇ。

今日、会社でボーっと歩いていたら、後から「ふくちゃん!」
って呼ばれた。

最近仲良くなった大好きな女性だった。

彼女からは初めて「ふくちゃん」って呼ばれたかなぁ。。。

うまく表現ができないのだけど、すんごくうれしかったの、そ
の出来事が。


朝、眠いこと
仕事での面倒なこと
ダイエットで空腹感を感じていたこと
あぁ〜お金ないなぁ〜ってこと

すべて、吹っ飛んだ。

外は雨なんだけど、
心は空がたかーく透き通っていて、太陽の光をさえぎるモノが
なく、桜の花びらが散らないほどのそよ風が吹いた爽快感を感
じ、何よりもうれしかった!

ありがとね!

笑顔とその瞳がよかったね。

僕は、今度、「おはよう!」って言ってみよう。




ディズニーにいるころ、これでもトレーナーという役職の時が
あった。

新人を教える役割。

その時、「目を見てにっこり、こんにちは!」って教えていた
なぁ。

それは10年前のことなんだけど、この時の僕には出来ていたこ
とだ。

フレッシュマンの気持ちを忘れず、大切なものは、いつまでも
大切なものであり続ける心を持っていたいね。


ふくちゃん@不器用だけど、心はいつも春の桜と初夏の青葉で
| 23:12 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■微妙なバランス

特に会社の人との関係は、「微妙なバランス」がある。

特定の人に近づきすぎると、他の何かに支障がでてくる。


このバランスって、すごくイヤだ。


僕がある人に急接近した際、特にその人が女性だった場合は、周りの社員は
いけないことをしているかのごとく、僕のことを見る。


この急接近が、会社のバランスを崩しているということになるのかもしれない。


ある男が、ある女性に急接近すると、支障がでる。


会社全体のバランスを司っているのは、女性達である。


男は、女性の微妙なバランスの中を、泳いでいるって感じかな。


僕は、自意識過剰なのかな?


ふくちゃん@
| 14:08 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■お酒で崩れる

普段、女性としてキッチリお化粧や身なりをしている人でも、
お酒を飲むと、崩れる時があるでしょ。
お化粧もそう、身なりもそう。

コノ崩れた姿と普段とのギャップで、
目の前の女性を好きになってしまう時と、幻滅してしまう時と
ある。


僕はどちらを感じても、言葉が少なくなる。


好きになったら、言葉少なめになり、ただただ見つめるだけ。

幻滅してしまった時は、普段との違いに気持ちがゲッソリ萎え
てしまっている。


僕のこの気持ちの違いは、なんだろう?



女:「今日は、少ししか飲んでないのに酔っちゃったぁ」

僕:「どうしたのー、なんかあったの?」

女:「そんな時があってもいいでしょ〜」


崩れることに、セクシーさや哀愁を感じ、この時はギュッと抱
きしめたくなった。


しかし、
ここで、抱きしめることができない僕は、
勇気がないダメなオトコ。


僕:「いいんだよ、思いっきり酔っても」


コンナ言葉を平然な顔で言いつつ、ただただドキドキしてた。


ふくちゃん@想像の話です
| 21:39 | ⇒comments(2) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■1つ下の女性

僕が32歳なので、同い年くらいの女性の知り合いが当然なが
らいる。

友達と呼べる人も何人かいる。

ソノ中には、既婚者はいないやぁ。
皆、独身のいい女。
そして、なぜか、みんな31歳。
ちなみに、元妻も31歳。(元妻はいい女ではないけど。。。)

(僕より年齢が1つ下の女性には縁があるようです。)

ソノ女性に皆に共通しているのは、「自然体」でいることかな。

ブランドのものを持つわけでもない、派手な生活でもない、我
が強いわけでもない。

どちらかというと、受身のタイプ。

「受身」というと、マイナスイメージっぽくなるけど、そうで
はないの。

人や物事をスポンジやクッションのように柔らかく受け止めて
くれるの。

やっぱり、年齢なりの経験がないと、コノ柔軟な身のこなしは
できない。

この柔らかさは、僕にとってとっても心地よい。

僕が愛すべき女性は、こういう人なのかなぁ。



さて、先日、トロントの31歳独身女性(笑)の友達からメール
が着た。
そのメールの最後には、「ちゃんとご飯食べて、ぐっすり寝る
んだよ」なんて書いてあった。

昨日、実家の母親に電話で言われたこととそのままだぁ。

愛すべき女性のコノ言葉は、どこか心地いい。


マザコンだね、僕。


ふくちゃん@フランス映画の頼りないオトコ
| 19:36 | ⇒comments(1) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ

■気が多い?!

昨日は、女の子と立呑み屋に行った。

たまには、こんなとこで女性と呑むのもいいね。

1時間ちょっといて、二人で3500円くらいだったかな。


さて、この呑みの場で、言われた一言が、心にグサリと刺さった。

「ふくちゃんって、気が多いのね」


(笑)

(笑)

(笑)


笑うしかない。


そのとおりかもね。

そんな嫉妬した顔されてもねぇ。。。


人に対して好き嫌いは激しいのだけど、好きな人って少ないのよ、僕。
そのごくごく少ない好きな人としかコミュニケーションをとらない。
ごくごく少ない好きな人としか僕は呑みに行かないよー。

本当にその人たちが好きだからさぁ、
「僕ね、○○さん(男女問わず)のこと好きなんだよねぇ」
なんて他の人(男女問わず)のことを言っちゃったら、
「ふくちゃんって、気が多いのね」って言われたの。

だって、好きなんだもん、人として、あなたも、その人も。

あくまでも、「人として」です。

まぁ、男女で呑みに行く際のマナーとしては、目の前にいる女性に、他の女性
のことを誉める発言はタブーなのかもね。
それが、普通の職場の同僚であったり、友達であったりしても、女性に他の女
性のこというのは控えます。
って言いつつ、このブログって会社の同僚の女性も読んでたりするんだよねぇ。

はい、気をつけます、もう言いません。


ホンネのホンネはね、その嫉妬、うれしかったのぉ。

ふくちゃん@32歳純情男子
| 16:22 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ

スピリチュアルな焙煎コーヒー豆、晴れコーヒー

ハワイ語


ふくちゃんからアドバイス 初めて訪れた方、久しぶりにご覧になった方へ
アーカイブスから過去の記事も読んでね♪
  アーカイブス ふくちゃんブログ:過去記事のアーカイブス    

ふくちゃんのプロフィール
1972.8.10生の36歳
しし座、A型、土星人+
本名:福田晴之(ふくだはるゆき)
ニックネーム:ふくちゃん
性別:女々しい男
家族:かわいい奥さん
住所:〒251-0037神奈川県藤沢市鵠沼海岸
出身:〒981-3203仙台市泉区高森
学校:
仙台市立高森小、仙台市立寺岡中、私立仙台育英高校
仕事:カフェ開店準備、バリスタ
趣味:焙煎コーヒー、株、散歩、おっぱい、B地区
チャームポイント:999.9(フォーナインズ)のメガネ
好きな食べ物:ブルーベリー、カレー、焙煎コーヒー、納豆、生姜
好きな場所:ハワイやんばるスピリチュアル
好きなアーティスト:中西裕子、keyco、サザン、BEGIN

■職歴
20歳
 東京ディズニーランド(オリエンタルランド)入社
 ⇒カストーディアル
 ⇒ビデオのアシスタントプロデューサー
25歳
 有限会社メディアグローブ設立起業する
 ⇒社長となる
 業務内容
 --PCの家庭教師派遣
 --インターネットコンサル業
 --ホステイング・ISP代理店
27歳
 会社運営を辞め、人生の休日期間へと入る
 So-netテクニカルサポートへ派遣にて勤務
 後にリーダーとなり、VoIPのサポートを立上げ
30歳
 株式会社Eストアーに入社
 ⇒サポート⇒企画系マネージャー
 ⇒セミナー事業立上げ
 ⇒インフォストア立上げ・運営
 ⇒小規模パートナー&大型代理店営業
 ⇒円満退社
33歳初夏
 株式会社SoRA 立上げ
 ⇒取締役に就任(2006/6/2)
 主要商品は「うみたま」・・・さて、この実態は?
 ⇒取締役辞職 退社(2006/12/31)
35歳(現在)
 焙煎コーヒー豆ショップ

■コノblogでの目標
自分の喜怒哀楽すべてを表現します。
時には女々しく、時には強く、
ソノ時の自分を正直に書きます。
ソコに共感する人がいて、
少しでもソノ人の人生、
今や明日にいい影響が与えられたら
と思っています。

福山雅治のような
自然体でいられたらいいなぁ。

■世界のはじっこに住む
昭和型のふくちゃんです。
僕のを感じてください!(笑
30歳のとき、結婚5ヶ月で離婚しバツイチです。
で、2007年6月、いい人とめぐり合い再婚しました!

好きな言葉は、
『Let it be.』
「なすがまま」と一般的には訳しますが、
「みんなそれぞれ、そのままで魅力的だよ」
と僕は訳します。

■本なんかも書いてみたい。詩とかエッセーとか、
インターネットやパソコンのtipsのなんかも。
スピリチュアルな本もいいね。

■ご感想、ご意見などいただけたら幸いです。
 フォーム(メアドは任意)
ふくちゃんへメッセージ

ふくちゃん


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
拝啓 沖縄で暮らしています。
拝啓 沖縄で暮らしています。 (JUGEMレビュー »)
秋馬 ユタカ
■↑僕の愛妻のことがいっぱい書いてある本です!
ふくちゃん




このページの先頭へ
ふくちゃんよりメッセージ
このブログは、多くのふくちゃんのサイトのなかでも中心的な役割で、なおかつ、素の福ちゃんがそのままです。「Let it be.」をポリシーに今のお福分けを表現していきますね。読んでいただいてる人に「ありがとう!」といつも感謝しています! ホオポノポノ ホ・オポノポノ

スピリチュアルなサイト