ふくちゃん ホ・オポノポノ

IT中堅社員卒業し自家焙煎カフェ開業準備中!平安来♪『ふくちゃん』
ふくちゃん@弱さ、女々しさ、それも私 ★ホ・オポノポノをみんなに感じてもらいたい 
ハワイ癒し「スピリチュアル」

ふくちゃん Since Jan. 1, 2006
カフェ
<< ■選択肢は3つ | main | ■イムジン河 >>
カフェ

■始まりは日比谷公園から

金曜日の昼休み(15時くらい)


一人で、ぶらっと近所の日比谷公園に行った。

噴水を目の前に、ベンチでタバコを吸った。

こんなに噴水って高く上がっていたっけなぁ。


・・・そういえば、僕の初チューは、ここ日比谷公園だった。


超遅い経験なんだけど、21歳の頃だった。


21歳の僕は、緊張していたなぁ。


チューといっても、唇をつけるだけなのにねぇ。


そんな青春時代のことを思い出しながら、煙をゆっくりとはく。


僕は、日比谷公園から「大人の階段」を登ったのねぇ。


ここが、僕の起源なのかもしれないねぇ。




■公園の真ん中には、サッカーのフィールドくらいの芝生のスペース。

この芝のスペースには、「立ち入り禁止」なんて注意書きがある。


なんで日本では芝生に入っていけないところが多いのだろう?


日本って、何かおかしい。


芝の上で、ねっころがったり、フリスビーをしたり、バトミントンをしたり、歩いたりすることが、公園の役割ではないの?

なんで、公園スペースの大多数を占めている芝に入っていけないの?

息苦しい、日本を感じてしまう。


車も通ってない道の赤信号を渡らないで待っているくらい、おかしなことはない。
これと同じくらい、芝の「立ち入り禁止」はおかしい。

この日本のルール、常識は、ウザい。



■金曜日のその夜、会社の飲み会だった。
けっこう調子に乗って、焼酎を呑みすぎてしまった。

帰り、霞ヶ関駅で電車を待っていた。


頭の中が、ぐるんぐるんと回ってきた。


吐くことはないのだけど、急に横になって寝たくなった。


何を思ったか、駅のベンチから立ち上がり、改札を出る。

向かうは、日比谷公園。


深夜の日比谷公園は、カップルがちらほら。


そんな他人は関係なく、僕は一人で、立ち入り禁止の芝で、大の字で寝る。

芝のチクチク感が、気持ちいい。

すぐに寝入ってしまった。


もう秋なのねぇ、寒くなってきて、起きてしまった。


深夜1時30分。


当然、電車もない。


このまま、ここで寝るのも風邪をひいてしまう。



どうしよう。



酔いもさめて、一人途方にくれる。



そうだ、歩こう!



ここ日比谷公園から、自宅の綱島(横浜市港北区)まで歩くことにした。




国道1号線を下る。



深夜なのに車がたくさん走っているのね。


タクシーが半分くらいかなぁ。





いつまでたっても「横浜20km」の案内標識。

虎ノ門、三田、五反田。。。。

行くところ行くところ、地名だけは知っているところが続くのね。


1号線から中原街道に入る。


昔の人は、当然、歩いて移動していたんだよなぁ。


歩いても、歩いても、ちっとも進まない。


昔の人の、時間の感覚はゆっくりだったんだろうなぁ。


スピードが速い現代。


僕のいるインターネットの業界は、その現代のスピード感を牽引しているので、一番速いところにいるのかもしれない。


ゆっくり歩くのもいいなぁ。


「こんなお店があるんだぁ」「こんな施設があるだぁ」「こんなマンションが!」「商店街かぁ」・・・・いろいろ感じながら歩いてました。


途中、洗足池の池の前に、ベンチがあったので、小休止。


そのころは、午前4時くらいかなぁ。


もう、足がふらふらになって歩けなくなってきた。


体力がないよなぁ。


日比谷から始まったこの挑戦も、この段階では、なんでこんなことをしたんだろうと後悔もし始めていた。


とりあえず、後悔は考えないようにしようと決意し、再び歩き始める。



・・・・辺りは明るくなり始めた5時半、東急 雪が谷大塚駅があった。


綱島まで、あと8kmくらいだと思うが、ここで僕は断念し、
電車で帰ってきてしまいました。



■僕の人生、この挫折や断念の繰り返し。



もう少しってところまで来ているのに、諦めてしまう。



今回の挑戦も、そうでした。



日比谷公園から始まった、僕の挑戦。


日比谷公園から始まった僕の大人の階段。


諦めてはいけない!


そんなことをベットで寝入る時に思う、ふくちゃんでした。


ふくちゃん@ただのアホです。
| 11:33 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ









http://blog.webfuku.com/trackback/289971

スピリチュアルな焙煎コーヒー豆、晴れコーヒー

ハワイ語


ふくちゃんからアドバイス 初めて訪れた方、久しぶりにご覧になった方へ
アーカイブスから過去の記事も読んでね♪
  アーカイブス ふくちゃんブログ:過去記事のアーカイブス    

ふくちゃんのプロフィール
1972.8.10生の36歳
しし座、A型、土星人+
本名:福田晴之(ふくだはるゆき)
ニックネーム:ふくちゃん
性別:女々しい男
家族:かわいい奥さん
住所:〒251-0037神奈川県藤沢市鵠沼海岸
出身:〒981-3203仙台市泉区高森
学校:
仙台市立高森小、仙台市立寺岡中、私立仙台育英高校
仕事:カフェ開店準備、バリスタ
趣味:焙煎コーヒー、株、散歩、おっぱい、B地区
チャームポイント:999.9(フォーナインズ)のメガネ
好きな食べ物:ブルーベリー、カレー、焙煎コーヒー、納豆、生姜
好きな場所:ハワイやんばるスピリチュアル
好きなアーティスト:中西裕子、keyco、サザン、BEGIN

■職歴
20歳
 東京ディズニーランド(オリエンタルランド)入社
 ⇒カストーディアル
 ⇒ビデオのアシスタントプロデューサー
25歳
 有限会社メディアグローブ設立起業する
 ⇒社長となる
 業務内容
 --PCの家庭教師派遣
 --インターネットコンサル業
 --ホステイング・ISP代理店
27歳
 会社運営を辞め、人生の休日期間へと入る
 So-netテクニカルサポートへ派遣にて勤務
 後にリーダーとなり、VoIPのサポートを立上げ
30歳
 株式会社Eストアーに入社
 ⇒サポート⇒企画系マネージャー
 ⇒セミナー事業立上げ
 ⇒インフォストア立上げ・運営
 ⇒小規模パートナー&大型代理店営業
 ⇒円満退社
33歳初夏
 株式会社SoRA 立上げ
 ⇒取締役に就任(2006/6/2)
 主要商品は「うみたま」・・・さて、この実態は?
 ⇒取締役辞職 退社(2006/12/31)
35歳(現在)
 焙煎コーヒー豆ショップ

■コノblogでの目標
自分の喜怒哀楽すべてを表現します。
時には女々しく、時には強く、
ソノ時の自分を正直に書きます。
ソコに共感する人がいて、
少しでもソノ人の人生、
今や明日にいい影響が与えられたら
と思っています。

福山雅治のような
自然体でいられたらいいなぁ。

■世界のはじっこに住む
昭和型のふくちゃんです。
僕のを感じてください!(笑
30歳のとき、結婚5ヶ月で離婚しバツイチです。
で、2007年6月、いい人とめぐり合い再婚しました!

好きな言葉は、
『Let it be.』
「なすがまま」と一般的には訳しますが、
「みんなそれぞれ、そのままで魅力的だよ」
と僕は訳します。

■本なんかも書いてみたい。詩とかエッセーとか、
インターネットやパソコンのtipsのなんかも。
スピリチュアルな本もいいね。

■ご感想、ご意見などいただけたら幸いです。
 フォーム(メアドは任意)
ふくちゃんへメッセージ

ふくちゃん


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
拝啓 沖縄で暮らしています。
拝啓 沖縄で暮らしています。 (JUGEMレビュー »)
秋馬 ユタカ
■↑僕の愛妻のことがいっぱい書いてある本です!
ふくちゃん




このページの先頭へ
ふくちゃんよりメッセージ
このブログは、多くのふくちゃんのサイトのなかでも中心的な役割で、なおかつ、素の福ちゃんがそのままです。「Let it be.」をポリシーに今のお福分けを表現していきますね。読んでいただいてる人に「ありがとう!」といつも感謝しています! ホオポノポノ ホ・オポノポノ

スピリチュアルなサイト