ふくちゃん ホ・オポノポノ

IT中堅社員卒業し自家焙煎カフェ開業準備中!平安来♪『ふくちゃん』
ふくちゃん@弱さ、女々しさ、それも私 ★ホ・オポノポノをみんなに感じてもらいたい 
ハワイ癒し「スピリチュアル」

ふくちゃん Since Jan. 1, 2006
カフェ
<< ■「イグザンプラー」には、ヤラレマシタ | main | ■ゲイの人の、とある正月 >>
カフェ

■魔法の天使 クリィミーマミ

先日行ったゲイバーのバーバラさん。
あの時、僕と同い年くらいって言っていた。

先日、ゲイバーに行った話しは、⇒こちら

「ガラスの仮面」の話をしていたら、小さい頃「クリィミーマミ」が大好きだったって彼女(彼)は言っていた。
今でも、「クリィミーマミ」の曲を全部歌えるよ!って。

・・・・この言葉が、妙に今でも僕の頭の中に残っている。



このゲイバーのバーバラさんは、本当の外見が女性みたいなの。
「・・・みたいなの」なんていったら失礼なのかもしれないが、本当にキレイなのよ。
声はオカマちゃんだけどね。


その彼女(彼)が小さい頃、「クリィミーマミ」を見てて、変身願望というか、キレイになって注目をあびたい! ってマミを見て、自分と重ねて見ていたんだろうなぁって感じたんだぁ。


■「クリィミーマミ」は、1983年7月〜1984年6月に放送していた超人気アニメ。
小さな女の子のマミ(たぶん小学3年生で本名は優(ゆう))はひょんなことから、一年だけ魔法の力を使えることになる…。
魔法を使って大人になり、これまたひょんなことから超人気のクリィミーマミという名のアイドルになるのね。
魔法を使えることは、当然、誰にも話してはいけない。

この魔法で大人になって、大好きな年上のある男の子の気を引こうとするのよ。
この男の子は、いつもこの小さな女の子(優)には、興味をもっていない。

でも、年上の男の子は小さな女の子(優)がアイドルのマミであることを知らず、マミの大ファンになるっていうストーリー。



僕は何を言いたいのかというと、ゲイバーのバーバラさんは、本来の自分の姿や性別を隠し、本当の女性、もっというと魅力ある女性になり、好きな男の子の気をひきたいと思っていたんだと思うんだぁ。


そんな彼女(彼)の小さい頃のことを勝手に想像していたら、健気というか、甲斐甲斐しいというか、涙ぐましいというか・・・・・・感動というか、かわいらしいというか・・・・・心は女の子なんだなぁって感じたのっ。




■その時に思った僕の感情が、今でも残ってるんだよねぇ。

人の心の奥底を垣間見たって感じでね、なんか僕の心に残っているのねぇ。


先日、ゲイバーでそんなことがあってから、今日、Gyaoで「クリィミーマミ」の1話からやっているのを知り、見てしまいました。

彼女(彼)と重ねて「クリィミーマミ」を見たら、切なくてねぇ。


強く生きている彼女(彼)に、僕は元気をもらった感じですぅ。



「クリィミーマミ」の曲って切ないねぇ。
------------------------------------
デリケートに好きして♪


男の子とちがう 女の子って
好きと嫌いだけで 普通がないの
でも好きになったら いくつかの
魔法を みせるわ 本当よ


そうよ 女の子のハートは
星空に 月の小船 浮かべ
夢を さがすことも できる
デリケートに好きして デリケートに
好きして 好きして 好きして
-------------------------------------



■僕は、映画をたくせん観ています。

少女が主人公の映画やアニメって、何故か、共感するんだよねぇ。

僕の中に、少女性っていうか、少女の理想というか、女性の理想というか、そういうのがあるのでしょうか。

普段、大人の女性とお話をしていて、何かの瞬間にその女性の少女というか、弱いところというか、かわいいところを見つけた時、僕は心の中で、抱きしめたくなります。

逆境に向かって強く立ち向かっているのだけど、隠れていた弱さが刹那に見たりすると、僕はこの女性を守ってあげたいって思うの。


まっすぐ生きていて、まっすぐだからこそ、損をする時があるでしょ。

こういう女性にも僕は守ってあげたいと思う。


ゲイバーのバーバラさんにも、あの時、同じ感情を抱いたのだと思う。

この彼女(彼)を守ってあげたいって。

でも、思うだけで、彼女(彼)に対して責任を負えないので僕は何もしてませんが、その思いが心に残っているのだと思う。


人との関わりって、まったく関係ないと思う人から何かを深く感じ、その人のストーリーまで想い浮かべてしまう。
そして、心に残り、反芻する・・・・この連続だよねぇ。


だから、人生って面白いねぇ。


ふくちゃん@メリークリスマス!
| 06:18 | ⇒comments(3) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ
クリーミーマミの歌にはっとしました。メリークリスマ〜ス♪ありがとうのかわりに。
| 船長 | 2005/12/25 2:46 PM |
なつかし〜!
さすがに歌はもう覚えてないけれど、小さい頃、
クリスマスに「クリィミーマミ」のステッキを
買ってもらったのを思い出しました(^^)
| オノマリ | 2005/12/25 5:02 PM |
>>船長

初コメントありがとう!
メリクリですぅ。

※僕の過去の職場20Fで働いていた際のSV船長とは違う船長からもコメントでした。20F出身の方々、お間違いのないように。


>>オノマリ

20Fのお仲間、オノマリさん、コメントありがとう!
ステッキをクルクル回してましてか?
小さな時から今も変わらず、かわいいよねぇ。
| ふくちゃん | 2005/12/25 6:34 PM |









http://blog.webfuku.com/trackback/377034

スピリチュアルな焙煎コーヒー豆、晴れコーヒー

ハワイ語


ふくちゃんからアドバイス 初めて訪れた方、久しぶりにご覧になった方へ
アーカイブスから過去の記事も読んでね♪
  アーカイブス ふくちゃんブログ:過去記事のアーカイブス    

ふくちゃんのプロフィール
1972.8.10生の36歳
しし座、A型、土星人+
本名:福田晴之(ふくだはるゆき)
ニックネーム:ふくちゃん
性別:女々しい男
家族:かわいい奥さん
住所:〒251-0037神奈川県藤沢市鵠沼海岸
出身:〒981-3203仙台市泉区高森
学校:
仙台市立高森小、仙台市立寺岡中、私立仙台育英高校
仕事:カフェ開店準備、バリスタ
趣味:焙煎コーヒー、株、散歩、おっぱい、B地区
チャームポイント:999.9(フォーナインズ)のメガネ
好きな食べ物:ブルーベリー、カレー、焙煎コーヒー、納豆、生姜
好きな場所:ハワイやんばるスピリチュアル
好きなアーティスト:中西裕子、keyco、サザン、BEGIN

■職歴
20歳
 東京ディズニーランド(オリエンタルランド)入社
 ⇒カストーディアル
 ⇒ビデオのアシスタントプロデューサー
25歳
 有限会社メディアグローブ設立起業する
 ⇒社長となる
 業務内容
 --PCの家庭教師派遣
 --インターネットコンサル業
 --ホステイング・ISP代理店
27歳
 会社運営を辞め、人生の休日期間へと入る
 So-netテクニカルサポートへ派遣にて勤務
 後にリーダーとなり、VoIPのサポートを立上げ
30歳
 株式会社Eストアーに入社
 ⇒サポート⇒企画系マネージャー
 ⇒セミナー事業立上げ
 ⇒インフォストア立上げ・運営
 ⇒小規模パートナー&大型代理店営業
 ⇒円満退社
33歳初夏
 株式会社SoRA 立上げ
 ⇒取締役に就任(2006/6/2)
 主要商品は「うみたま」・・・さて、この実態は?
 ⇒取締役辞職 退社(2006/12/31)
35歳(現在)
 焙煎コーヒー豆ショップ

■コノblogでの目標
自分の喜怒哀楽すべてを表現します。
時には女々しく、時には強く、
ソノ時の自分を正直に書きます。
ソコに共感する人がいて、
少しでもソノ人の人生、
今や明日にいい影響が与えられたら
と思っています。

福山雅治のような
自然体でいられたらいいなぁ。

■世界のはじっこに住む
昭和型のふくちゃんです。
僕のを感じてください!(笑
30歳のとき、結婚5ヶ月で離婚しバツイチです。
で、2007年6月、いい人とめぐり合い再婚しました!

好きな言葉は、
『Let it be.』
「なすがまま」と一般的には訳しますが、
「みんなそれぞれ、そのままで魅力的だよ」
と僕は訳します。

■本なんかも書いてみたい。詩とかエッセーとか、
インターネットやパソコンのtipsのなんかも。
スピリチュアルな本もいいね。

■ご感想、ご意見などいただけたら幸いです。
 フォーム(メアドは任意)
ふくちゃんへメッセージ

ふくちゃん


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
拝啓 沖縄で暮らしています。
拝啓 沖縄で暮らしています。 (JUGEMレビュー »)
秋馬 ユタカ
■↑僕の愛妻のことがいっぱい書いてある本です!
ふくちゃん




このページの先頭へ
ふくちゃんよりメッセージ
このブログは、多くのふくちゃんのサイトのなかでも中心的な役割で、なおかつ、素の福ちゃんがそのままです。「Let it be.」をポリシーに今のお福分けを表現していきますね。読んでいただいてる人に「ありがとう!」といつも感謝しています! ホオポノポノ ホ・オポノポノ

スピリチュアルなサイト