ふくちゃん ホ・オポノポノ

IT中堅社員卒業し自家焙煎カフェ開業準備中!平安来♪『ふくちゃん』
ふくちゃん@弱さ、女々しさ、それも私 ★ホ・オポノポノをみんなに感じてもらいたい 
ハワイ癒し「スピリチュアル」

ふくちゃん Since Jan. 1, 2006
カフェ
<< ■抱負 Ho!Fu! | main | ■正月気分も今日で終わりー >>
カフェ

■話し言葉について

先日、来日というか、一時帰国した親友のかーもとと会った時のお話。
With 奥様のまりさんと赤ちゃん。

まりさんは、とってもかわいい人です。

キレイな日本語を話す人でもあります。

口調、チョイスする言葉、文章がとても美しい。

発音もいいですね。

民放のアナウンサーは、アイドル化していて言葉が乱れているので、

まりさんはNHKのアナウンサーやナレーターの人のようにキレイな話し方をする感じかなぁ。



■僕自身は、言葉に関しては評論家っぽいこと言っているだけで、

正しく言葉を使っていません。



セミナーの講師をしても、

「えぇー」「えっと」とか、言葉を探しながら、話していました。

聞いている人は、頼りなく感じるよね、僕の言葉。




仕事で取引先の人と話をしていたり、お客様と話す時は、あえて訛(なまり)というか、
イントネーションだけ、東北弁っぽく喋る。


僕は、仙台出身だけど、小さい時から方言を話せない子供でした。

今でも、話しません。


でも、小さい時から「耳」で方言を聞いていたので、方言っぽくは話せるのよ。


ちょっと前の、つぶやきシローのような話し方なんだけど。


これも、頼りなく、聞こえる。



普段、僕は友達と話す時は、いわゆる標準語です。




■この標準語をビジネスの場で使うと、堅苦しいというか、社交辞令というか、


僕が話すと、個性を見出せない。


個性を出すという意味と、親しみやすいという意味で、僕はあえてイントネーションを

変えて話してました。


さっきも言ったけど、これでは、頼りなく聞こえます。


でも、それ以上に、逆説的だけど、安心感をもってもらい、相手が話をしてくれるようになります。


営業部の営業中堅社員だった僕は、普通なら自分がお客様に対して話す立場なんだけど、

・・・・・相手に話をしてもらいます。


それで、相手の欲することや、意見を聞きだします。


普通の営業マンとはココが違います。


この手法をなんとなく始めたのが、3年前まで働いていたSo-netで電話サポートをしている時です。


相手(お客様)は、何らかのトラブルがあったり、情報を欲して電話してきます。


相手の要望や状況をよーく聞いてから、僕のサポート(お話)が始まります。


だから、受身なんだよね、僕の営業トークって。


このトークで、僕は結構ー、うまくいっています。


一見、相手が話しているので、相手が主導権のように感じますが、

実は、聞いている僕が主導権を持っているのです。


僕の相槌(あいづち)一つで、話の方向性を僕が変えることができるんです!


これが僕の会話方であり、個性なのですぅ。




■この前まで働いていた会社で、隣の社員や新入社員には、キレイな日本語を話すようにと、

僕はいつも彼(彼女)らに言っていました。


彼(彼女)らが電話で話しているのを隣で聞いていて、

電話対応が終わったら、僕の日本語講座が始まります。


「ありがとうございました」ではなく、「ありがとうございます」
って現在形で言わないといけないとか、


「〜〜〜の方(ほう)」とか「ら抜き言葉」とか、注意する言葉がいっぱいです。



それと、彼(彼女)らによく言うことは、言葉は正しく使えるようになってから、
あえて崩すと、より魅力的になるよーって。


あえてイントネーションを変えたり、若者風の口調になったり、いろいろありますが、

正しく日本語を知って使えてから、その人自身の話し方をしたり、個性を出す為に言葉を崩すことが、

親しみを感じ、会話が深まります。



■キレイな口調と、美しい言葉のまりさんの話に戻ります。


お話の中で、彼女は「ふいんき」って言葉を使っていました。


正しくは「雰囲気(ふんいき)」なんですが、「ふいんき」って言うことによって、
個性となり、愛嬌があり、親しみがわくのね。


彼女は無意識なんでしょうが、かわいいなぁって思いました。


正しく日本語を使う彼女だから、「ふいんき」が活きてくるのね、きっと。



そんなことをまりさんとお話をしている時に、感じましたぁ。





ふくちゃん@昔から国語は「2」です。本当は基礎ができていない僕でしたぁ(w
| 09:11 | ⇒comments(0) | ⇒trackbacks(0) |
カフェ
カフェ









http://blog.webfuku.com/trackback/383790

スピリチュアルな焙煎コーヒー豆、晴れコーヒー

ハワイ語


ふくちゃんからアドバイス 初めて訪れた方、久しぶりにご覧になった方へ
アーカイブスから過去の記事も読んでね♪
  アーカイブス ふくちゃんブログ:過去記事のアーカイブス    

ふくちゃんのプロフィール
1972.8.10生の36歳
しし座、A型、土星人+
本名:福田晴之(ふくだはるゆき)
ニックネーム:ふくちゃん
性別:女々しい男
家族:かわいい奥さん
住所:〒251-0037神奈川県藤沢市鵠沼海岸
出身:〒981-3203仙台市泉区高森
学校:
仙台市立高森小、仙台市立寺岡中、私立仙台育英高校
仕事:カフェ開店準備、バリスタ
趣味:焙煎コーヒー、株、散歩、おっぱい、B地区
チャームポイント:999.9(フォーナインズ)のメガネ
好きな食べ物:ブルーベリー、カレー、焙煎コーヒー、納豆、生姜
好きな場所:ハワイやんばるスピリチュアル
好きなアーティスト:中西裕子、keyco、サザン、BEGIN

■職歴
20歳
 東京ディズニーランド(オリエンタルランド)入社
 ⇒カストーディアル
 ⇒ビデオのアシスタントプロデューサー
25歳
 有限会社メディアグローブ設立起業する
 ⇒社長となる
 業務内容
 --PCの家庭教師派遣
 --インターネットコンサル業
 --ホステイング・ISP代理店
27歳
 会社運営を辞め、人生の休日期間へと入る
 So-netテクニカルサポートへ派遣にて勤務
 後にリーダーとなり、VoIPのサポートを立上げ
30歳
 株式会社Eストアーに入社
 ⇒サポート⇒企画系マネージャー
 ⇒セミナー事業立上げ
 ⇒インフォストア立上げ・運営
 ⇒小規模パートナー&大型代理店営業
 ⇒円満退社
33歳初夏
 株式会社SoRA 立上げ
 ⇒取締役に就任(2006/6/2)
 主要商品は「うみたま」・・・さて、この実態は?
 ⇒取締役辞職 退社(2006/12/31)
35歳(現在)
 焙煎コーヒー豆ショップ

■コノblogでの目標
自分の喜怒哀楽すべてを表現します。
時には女々しく、時には強く、
ソノ時の自分を正直に書きます。
ソコに共感する人がいて、
少しでもソノ人の人生、
今や明日にいい影響が与えられたら
と思っています。

福山雅治のような
自然体でいられたらいいなぁ。

■世界のはじっこに住む
昭和型のふくちゃんです。
僕のを感じてください!(笑
30歳のとき、結婚5ヶ月で離婚しバツイチです。
で、2007年6月、いい人とめぐり合い再婚しました!

好きな言葉は、
『Let it be.』
「なすがまま」と一般的には訳しますが、
「みんなそれぞれ、そのままで魅力的だよ」
と僕は訳します。

■本なんかも書いてみたい。詩とかエッセーとか、
インターネットやパソコンのtipsのなんかも。
スピリチュアルな本もいいね。

■ご感想、ご意見などいただけたら幸いです。
 フォーム(メアドは任意)
ふくちゃんへメッセージ

ふくちゃん


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
拝啓 沖縄で暮らしています。
拝啓 沖縄で暮らしています。 (JUGEMレビュー »)
秋馬 ユタカ
■↑僕の愛妻のことがいっぱい書いてある本です!
ふくちゃん




このページの先頭へ
ふくちゃんよりメッセージ
このブログは、多くのふくちゃんのサイトのなかでも中心的な役割で、なおかつ、素の福ちゃんがそのままです。「Let it be.」をポリシーに今のお福分けを表現していきますね。読んでいただいてる人に「ありがとう!」といつも感謝しています! ホオポノポノ ホ・オポノポノ

スピリチュアルなサイト