ふくちゃん ホ・オポノポノ

IT中堅社員卒業し自家焙煎カフェ開業準備中!平安来♪『ふくちゃん』
ふくちゃん@弱さ、女々しさ、それも私 ★ホ・オポノポノをみんなに感じてもらいたい 
ハワイ癒し「スピリチュアル」

ふくちゃん Since Jan. 1, 2006
カフェ
<< ■盛者必衰のディズニー? | main | ■呼吸とイメージと落ち着き? >>
カフェ

■ホ・オポノポノ?

あさってからハワイに行くのだが、
以前に「ホ・オポノポノ」の話を聞いていたので、
ちょっと楽しみだ。
現地の人とのふれあいを試してみたい。

ふくちゃん@ありがとう!

----------「ホ・オポノポノ」のお話-----------

「 世界一風変わりなセラピスト 」
by Dr. Joe Vitale

二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(訳注:刑法罰に問われたものの、
精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、
誰一人診察することなく癒したそうだ。

その心理学者は患者のカルテを読み、自分がどのようにして
その人の病気を創りだしたのかを理解するために、
自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。

私は「完全な責任」とは、
私の言動に対する責任は私にあるという意味だと前々から理解していた。

その向こうのことは、自分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものをそのように考えているのではないかと思う。

私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、
他の人の行いに対してではない。

精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、
私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名は イハレアカラ ヒュー レン博士。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、心理学者は月単位でやめていき、
職員はやめていく人もいたそうだ。
人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
患者らのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
 「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、
職員全員が仕事に来るようになったので、
最後には必要以上の人数の職員が残りました。
現在、その病棟は閉鎖されています。」

私は聞いた
「それらの人々に変化をもたらすような何を、
 あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を
 癒していただけです」と彼は言いました。

レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、
あなたの人生の中の全てが――
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で―
―あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が
私にあるというのは全く別の話ではないか。

実際のところは、
もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、あなたが見たり、聞いたり、触れたり、
その他どんな方法であれ、あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。
それはあなたの人生の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済―
―あなたが経験していて好きではないこと―
―を癒すのは、あなた次第だということである。

問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、
それを変えるには、あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に生きることは
もっと難しいとわかっている。

非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。
しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。
彼にとっての癒し、
そしてホオポノポノにおける癒しとは、あなた自身を愛することなのだと。

あなたが自分の人生を改善したければ、
あなたは自分の人生を癒さなければならない。

もしあなたが誰かを癒したければ
―たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても―
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。
患者のカルテを見ていたときに、彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と 『愛しています(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

それだけ?

それだけ。

あなた自身を愛することが、
あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、
あなた自身を好転させるにつれて、
あなたはあなたの世界を好転させるということが判明した。

これがどのように機能するかの例
誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。

今回私はレン博士のメソッドを試し、私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。

私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した
自分の中を癒そうとしただけだった。

一時間もしないうちに、彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。

私は謝ってもらうために外側に何も働きかけをしていない
私は返事すら書いていなかったのだ。
にもかかわらず、 「愛しています」と言うことで、
私はどういうわけか彼を創り出していた自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士の
ホ・オポノポノのワークショップに参加した。
彼は今では70歳で、優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、
少々引きこもりがちである。

彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。
私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、
人々が本を読むときに皆それを感じるだろうと彼は語った。
要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。

すでに売られて外に出ている本については
どうなんですか?と私はたずねた。

「それらの本は外にあるのではないよ。」
彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。
「未だにあなたの中にあるんだ」

つまり、外なんてないということだ。

あなたがあなたの人生の中の
どんなものでも改善したいのなら、
見るべき場所はただひとつ、
あなたの中である、ということだ。

"When you look, do it with love."

「あなたが見る時は、愛をもって見るように」

追補:レン博士のメソッドでは、4つの言葉を繰り返すことで
自分を癒すということです。 その言葉とは

1 "I love you"(愛しています)、
2 "I'm sorry"(ごめんなさい)、
3 "Please forgive me"(許してください)
4 "Thank you"(ありがとうございます)


です。これらの4つの言葉を 内なる「The Divine(神)」に対して言います。
これらの言葉は、自分を浄化するための言葉で、
これらの言葉を繰り返す際には必ずしも感情を伴わなくても良いと
レン博士は言っているということです。
けれども、とにかく心の底に届くまで、何度も何度も繰り返すのだそうです。


 いつもありがとうございます。

 あなたを愛しています。

⇒ 飲むホオポノポノのフラワーエッセンス
-----------------------------------------------
 
| 11:05 | ⇒comments(6) | ⇒- |
カフェ
カフェ
ホ・オポノポノのことが知りたくて、検索して、こっちにやってきました! 初めまして!

さっそくやってみようとおもいます。4つのことば。

ありがとうございます(^^)

愛しています(^^)
| みいちゃん | 2008/08/22 9:04 PM |

ありがとうございます
| まこ | 2009/02/28 8:26 PM |

ありがとうございます
| まこ | 2009/02/28 8:27 PM |

ありがとうございます
| まこ | 2009/02/28 8:28 PM |
ここ1ヶ月で「ホ・オポノポノ」とシンクロしています。
もの凄く前に、ハワイ語の紹介をブログでしようと検索していて、アドレスを保存していたものから、このブログに行き着きました。
わかりやすく伝えていただき、ありがとうございます。
ふくちゃんに感謝!無現大!!です。
「運命好転人」こと「運龍」拝
| 「運命好転人」こと「運龍」 | 2009/06/27 4:55 PM |
はじめまして。
『ホ・オポノポノ』を読んでもっと知りたくて検索したところここに辿り着きました。
この本と出会えたきっかけは、あまり話をすることのなかったママ友達とあることをきっかけに仲良くなりそれまでずっと誰にも言えず一人で悩んで苦しんで限界が来てると言うことを自然にその人に話しをしていました。
ずっと苦しくてずっと心の中では「私は何のために生まれたんだろう?どうして私ばかりこんな想いをしなければいけないんだろ?私は何がしたいのか?とにかく誰とも関わりたくない、このまま消えてなくなりたい。」と思って毎日過ごしていました。
そんな想いをほとんど話をすることのなかったその人にぶちまけていました。
そしてその人が私に『ホ・オポノポノ』四つの言葉を教えてくれたした。
当然話を聞いたときは心の中では「まさかそんなんで変われるわけない」と意味がわかりませんでした。
そして本を貸してくれたので読み出しました。
読んでいるうちに私の中で言葉では言い表すことのできない感情と言うか体の中が暖かくなるのを感じました。
そして四つの言葉を読んだ瞬間涙が溢れてきました。
私はその時この本を教えてくれたその人に心の中で「ありがとう」と言っていました。
今の私にはこの本が必要なんだ、出会うべくして出会ったんだと確信しました。
長々とすみません。
ただこの気持ちを誰かに聞いてもらいたくて。
きっと何かが変わる気がしています。
読んでいただき『ありがとうございます』
| ヒロコ | 2009/12/20 4:01 PM |









スピリチュアルな焙煎コーヒー豆、晴れコーヒー

ハワイ語


ふくちゃんからアドバイス 初めて訪れた方、久しぶりにご覧になった方へ
アーカイブスから過去の記事も読んでね♪
  アーカイブス ふくちゃんブログ:過去記事のアーカイブス    

ふくちゃんのプロフィール
1972.8.10生の36歳
しし座、A型、土星人+
本名:福田晴之(ふくだはるゆき)
ニックネーム:ふくちゃん
性別:女々しい男
家族:かわいい奥さん
住所:〒251-0037神奈川県藤沢市鵠沼海岸
出身:〒981-3203仙台市泉区高森
学校:
仙台市立高森小、仙台市立寺岡中、私立仙台育英高校
仕事:カフェ開店準備、バリスタ
趣味:焙煎コーヒー、株、散歩、おっぱい、B地区
チャームポイント:999.9(フォーナインズ)のメガネ
好きな食べ物:ブルーベリー、カレー、焙煎コーヒー、納豆、生姜
好きな場所:ハワイやんばるスピリチュアル
好きなアーティスト:中西裕子、keyco、サザン、BEGIN

■職歴
20歳
 東京ディズニーランド(オリエンタルランド)入社
 ⇒カストーディアル
 ⇒ビデオのアシスタントプロデューサー
25歳
 有限会社メディアグローブ設立起業する
 ⇒社長となる
 業務内容
 --PCの家庭教師派遣
 --インターネットコンサル業
 --ホステイング・ISP代理店
27歳
 会社運営を辞め、人生の休日期間へと入る
 So-netテクニカルサポートへ派遣にて勤務
 後にリーダーとなり、VoIPのサポートを立上げ
30歳
 株式会社Eストアーに入社
 ⇒サポート⇒企画系マネージャー
 ⇒セミナー事業立上げ
 ⇒インフォストア立上げ・運営
 ⇒小規模パートナー&大型代理店営業
 ⇒円満退社
33歳初夏
 株式会社SoRA 立上げ
 ⇒取締役に就任(2006/6/2)
 主要商品は「うみたま」・・・さて、この実態は?
 ⇒取締役辞職 退社(2006/12/31)
35歳(現在)
 焙煎コーヒー豆ショップ

■コノblogでの目標
自分の喜怒哀楽すべてを表現します。
時には女々しく、時には強く、
ソノ時の自分を正直に書きます。
ソコに共感する人がいて、
少しでもソノ人の人生、
今や明日にいい影響が与えられたら
と思っています。

福山雅治のような
自然体でいられたらいいなぁ。

■世界のはじっこに住む
昭和型のふくちゃんです。
僕のを感じてください!(笑
30歳のとき、結婚5ヶ月で離婚しバツイチです。
で、2007年6月、いい人とめぐり合い再婚しました!

好きな言葉は、
『Let it be.』
「なすがまま」と一般的には訳しますが、
「みんなそれぞれ、そのままで魅力的だよ」
と僕は訳します。

■本なんかも書いてみたい。詩とかエッセーとか、
インターネットやパソコンのtipsのなんかも。
スピリチュアルな本もいいね。

■ご感想、ご意見などいただけたら幸いです。
 フォーム(メアドは任意)
ふくちゃんへメッセージ

ふくちゃん


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
拝啓 沖縄で暮らしています。
拝啓 沖縄で暮らしています。 (JUGEMレビュー »)
秋馬 ユタカ
■↑僕の愛妻のことがいっぱい書いてある本です!
ふくちゃん




このページの先頭へ
ふくちゃんよりメッセージ
このブログは、多くのふくちゃんのサイトのなかでも中心的な役割で、なおかつ、素の福ちゃんがそのままです。「Let it be.」をポリシーに今のお福分けを表現していきますね。読んでいただいてる人に「ありがとう!」といつも感謝しています! ホオポノポノ ホ・オポノポノ

スピリチュアルなサイト